おかげさまで、創立64周年。

一般社団法人 愛知広告協会

2014年5月開催終了 第62回全広連名古屋大会

「全広連新シンボルマーク」決定

全広連創立60周年記念「第61回全広連青森大会」で発表

 このほど、公益社団法人全日本広告連盟(全広連・大平 明理事長)は、新シンボルマークを決定し、515日に青森市・リンクステーションホール青森で開かれた全広連創立60周年記念「第61回全広連青森大会」式典上にて発表いたしました。

 これは、全広連が創立60周年記念事業として、全広連加盟の各地広告協会を通じて作品を募集し、応募のあった27広告協会550作品の中から最優秀作品に選ばれた佐竹直美氏(株式会社メディア・エーシー、高知広告協会)の作品を全広連新シンボルマークとして採用したものです。

 


制作意図

全広連のスローガンは「広告の元気は、ニッポンの元気。」。

新たなシンボルマークは、ニッポンを元気にする、広告が持つ、強く大きなチカラがテーマです。

「Advertisement」のAから発想し、疾走する帆船の帆となり、あたかも風神の風袋のように、尽きることなく、次々と広告力の風を、ニッポンから世界へ吹かせます。

広告のチカラは、人間力、広告のチカラは先進力、そして、広告のチカラはたゆまぬ創造力。広告のチカラは、コミュニケーションに命を吹き込む、そして、経済の動脈と心臓であることを、熱い力の赤い色、あらたなシンボルカラーの「全広連レッド」で象徴し、日本発信の広告力を、皆で力をあわせて、世界に向けて、アピールしていこう!という強い願いが込められています。

 

※当リリースに関する問い合わせは全日本広告連盟(TEL. 03-3569-3566)まで。

※データが必要な場合は、takahori@ad-zenkoren.orgまでご連絡ください。